サーモン

手取川サーモンフィッシング(2018)今年はハズレ年!?

年に一度の「手取川サーモンフィッシング」が始まります。

どーも、ボクです。

2016年、初めて手取川サーモンフィッシングに参加。
2017年、タイミングが合わず不参加。
2018年、2回目の手取川サーモンフィッシングに参加。

前情報によると、今年はあまり思わしくないとの事らしいが果たして結果はいかに。

手取川サーモンフィッシング(2018)二次募集の結果。「手取川サーモンフィッシング」の時期が近づいてきました。 どーも、ボクです。 年に一度のシャケ(シロサケ)釣り。 当選すれ...

サケ有効利用調査を行う河川

サーモンフィッシングは、サケ有効利用調査として全国各地で行われているが、一体どれだけの河川で行われているのか調べてみた。

サケ有効利用調査を行う河川 (2018年現在)

北海道(忠類川、浜益川)
山形県(寒河江(さがえ)川、小国川)
福島県(真野川)
茨城県(久慈川、那珂川)
栃木県(鬼怒川、思川、渡良瀬川)
新潟県(荒川、五十嵐川)
富山県(小川)
石川県(手取川)

以上、8都道府県 14河川

もっとあると思ってたけど、案外少ないことにビックリ。
サーモンフィッシングを取りやめている河川もあるようだが、限られた河川での貴重なイベントには間違いない。
「手取川サーモンフィッシング」に参加できることは、本当にラッキーなことだ。

手取川でサケ有効利用調査

エントリーの日は、10/21(日)。
「手取川サーモンフィッシング」は、10/18(木)が初日となる。

地元ローカル新聞社が取り上げないはずはないので、北國新聞社のホームページを確認してみる。

手取川でサケ有効利用調査
↓↓↓

【出典:北國新聞社

マジかー!?

遡上が例年の6割減!?

知らなかった。
( ̄◇ ̄;)

果たして、シャケ(シロサケ)は釣れるのか!?
不安しかないんですけど…。

 

一般開放3日目

当日(10/21)の朝3:32、仲間のシャケエキスパートからLINEが届く。
北國新聞社のホームページをずっと確認してくれてた。

サケお待たせ第1号 手取川、一般開放3日目
↓↓↓

【出典:北國新聞社

これは、期待できるかも!?
もしかして、今日からシャケが遡上するんじゃないの?笑
ワクワクしますね〜
眠気も吹っ飛ぶ朗報に、慌てて「手取川サーモンフィッシング」の会場へと向かう。

ただ、「左岸」で釣り上げたと記事にある。
エントリーするのは、「右岸」。
「右岸」は、どうなんだ!?
一抹の不安が拭いきれない。

手取川サーモンフィッシング開始

受付開始は、朝6:30。
会場に到着したのは、朝5:00。
もうすでに、受付を待つ列ができている。

仲間のシャケエキスパートとも合流し、今日の作戦会議やらよもやま話で盛り上がっていると、そろそろ受付を始めますとのこと。
釣り談義に華が咲くと、時間の経過が早いw

受付を済ませ、調査員の目印としてゼッケンを受け取る。
↓↓↓

準備をし、右岸のポイントへ向かう。
↓↓↓

清々しい朝。
自然と期待も高まります。

釣り開始は、朝7:00。

ワールドシャウラにカルカッタコンクエストをセットし、キャストを繰り返す。
↓↓↓

…投げても、投げても、全くもって反応がない。

遡上が例年の6割減!?」は、やはり現実のもの。
全く反応がないまま、これで「手取川サーモンフィッシング」は終了なのか?

本当なら、2016年に参加した時のようにワールドシャウラが弧を描くはずだった。
こんな風に(暇ずぎて撮った根掛りの写真www)。
↓↓↓

「シャケなベイビー!ヤーリィー!」と叫ぶはずだった。涙

これで許して。
↓↓↓

手取川サーモンフィッシングの釣果

雌のシャケ(シロサケ)が釣れたら入れる、生簀も空っぽ。
↓↓↓

大物賞を計測する、たらいも空っぽ。
↓↓↓

10/21(日)当日の釣果は、散々な結果でした。
↓↓↓

2016年、初めて参加した時の釣果と比べると、6割減の遡上を受け入れるしかないようだ。涙
(左岸の解放は、土日祝のみ)

2018.10.21(日)開催初めの日曜
右岸 50人 3
左岸 25人 24
合計 75人 27

2016.10.23(日)開催初めの日曜
右岸 67人 75
左岸 30人 72
合計 97人 147

釣獲結果の詳細はこちら
↓↓↓
手取川サケ有効利用調査実行委員会事務局

手取川サーモンフィッシング(2016)に初参加。幼い頃の遠足前夜を思わせるような、わくわく感♪ どーも、ボクです。 仲間に誘われて、待ちに待った「手取川サーモンフィッシング...

仮説・今年はハズレ年!?

まぁ、こんな年もあるよね?と言い聞かせるしかない。
「手取川サーモンフィッシング」に参加出来ただけでも、貴重な体験。

一つだけ気になることがあるとしたら、仲間のシャケエキスパートの言葉。

仲間
仲間
遡上が遅れてるんじゃなく、遡上が早いのかも知れない。

 

今回、シャケ(シロサケ)が釣れなかった仮説。

確かに、「遡上が例年の6割減!?」なのかも知れない。
ただ、シャケ(シロサケ)が全くいないわけじゃなく、釣りの最中、遡上を目視で確認出来た。

確認出来たのは、銀ピカのシャケ(銀毛)と産卵後?の錆びたシャケ(Cブナ)、それと錆びたシャケの死骸(Cブナ)。
↓↓↓

本来なら銀ピカのシャケが遡上する。
錆びたシャケは、11月過ぎによく見かけるようになるらしい。
錆びたシャケを、10月に見かけるってことは、もう遡上し産卵が終わっている!?
そのためシャケが少ないのでは!?

あくまでも仮説なので、事実関係はわからない。
まぁそれを調べるのも、「有効利用調査」なのかも知れないんだけどね。

それを踏まえても、やっぱり今年はハズレ年かも!?

 

ゴミ拾い

せめて河川に落ちていた、ラインを拾って持ち帰ります。
↓↓↓

こんなに目立つラインを捨てていく人の気が知れない。
↓↓↓

帰宅すると、玄関先で子どもたちが待ち構えてた。

こども
こども
何匹釣れた?

しゃいむ
しゃいむ
…釣れなかった

こども
こども
ママー、パパお魚釣れなかったってー

ママ
ママ
ぷぷぷぷっ!

しゃいむ
しゃいむ
遡上が例年の6割減で、シャケが少ないんやってさ

ママ
ママ
誰も釣れなかったの?

しゃいむ
しゃいむ
…いや、釣れた人はいる

ママ
ママ
ふ〜んwww

しゃいむ
しゃいむ
(おのれ〜)

来年こそは、雄シャケを5本(MAX)持ち帰ってやると静かにリベンジを誓うのであった。

そんな感じ。
ι(`ロ´)ノ

 

コメント(Twitter)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしゃいむをフォローしよう!