ウーパールーパー

ウーパールーパーを飼育してみたら意外と簡単だった!?

ウーパールーパーの「ルーちゃん」が我が家に来て、1ヶ月半が過ぎました。

どーも、ボクです。

飼い始めの頃は、ルーパーちゃんって呼んでたけど、いつの間にか「ルーちゃん」に落ち着いたみたい。
ウーパールーパーの「ルーちゃん」には、家族みんなで「いってきます」と「ただいま」の挨拶は、必ずと言っていいほどしてる。
「ルーちゃん」に愛着が出てきたせいか、かわいくて仕方がない。

ウーパールーパーを飼育した経験がないので、何かと不安ではあったが、ウーパールーパーのことを調べてみると、色々とわかってきた。

意外と手間いらずで、誰にでも簡単に飼育できるんだということも。

ブーム再来!?ウーパールーパーを初めて飼育してみる。ブームって、繰り返されるよね!? どーも、ボクです。 子どもたちがお世話をしたいということで、人生初のウーパールーパーを我が...

ウーパールーパーの種類

基本的にウーパールーパーの種類は、全部で5種類存在する。
うちの「ルーちゃん」は、どうやら「アルビノ」。

アルビノ

体色は白、目は白かピンク(赤)。
色素が欠乏しているため、基本的に白いが、成長すると薄黄色になることもある。
視力が弱いので、同じ水槽に2匹以上のウーパールーパーを飼育していると、エサと間違えて、他のウーパールーパーの手足を食べてしまう恐れがある。

リューシスティック

体色は白、目は黒。
よく知られている、一般的なウーパールーパー。
5種類の中でも、黒目のつぶらな瞳は愛嬌があって一番かわいいかも!?

ゴールデン

体色は黄、目は黄か赤。
金色の斑点(ラメ)が多いのが特徴。
他のウーパールーパーに比べて、個体数が少ない。
「アルビノ」と同様に視力が弱いので、同じ水槽に2匹以上のウーパールーパーを飼育していると、エサと間違えて、他のウーパールーパーの手足を食べてしまう恐れがある。

ブラック

体色は黒、目は黒。
成長と共に、だんだん黒くなってくる。

マーブル

体色は斑点模様、目は黒。
いかにも両生類って感じの斑点模様が特徴。
女性よりも男性にウケがいいかも!?

左から、リューシスティック、ブラック、ゴールデン。
↓↓↓

ウーパールーパーの大きさ

個体差があるみたいで、大人のウーパールーパーだと、20〜30cmくらいまで育つらしい。
なかなかの大きさやな。汗

1ヶ月前は、約6cmだった体調も、今は約9cmあるかないか。
↓↓↓

1ヶ月で、約3cm大きくなるって、標準なのか!?

小さい頃って、かわいいけど、30cmのウーパールーパーって、どうなん!?
まだ想像ができない。汗

ウーパールーパーの寿命

個人的には、2〜3年くらいかなぁ?くらいに考えてた。
驚くことなかれ、どうやらウーパールーパーは、30年も生きることがあるらしい。
ただ、飼育のウーパールーパーと野生のウーパールーパーでは、寿命にかなりの差が出るので、あくまでも参考程度に考えてた方が良さそう。

  • 飼育のウーパールーパー:3〜10年
  • 野生のウーパールーパー:20〜30年

それでも、10年近く生きることになると、家族同然、やはり愛着が湧いてくるよね。

 

ウーパールーパーの飼育に必要なもの

ルーちゃん(ウーパールーパー)をいつまでも金魚鉢で飼うのもどうかと思うので、少し大きな水槽にお引越し。

基本的には、「水槽」「水温計」「隠れ家」があれば、ウーパールーパーを飼育することができる。
最低限で用意することを考えると、ウーパールーパーを入れておく容器さえあれば、大丈夫なレベル。

水槽

大人に成長したウーパールーパーが、20〜30cmってことは、45cm以上の水槽が後々必要になる。
ルーちゃん(ウーパールーパー)は、体長9cm程度なので、25cmくらいの水槽をダイソーで購入。
そのうち、るーちゃんが20cmを超えるようになってきたら、水槽も大きくしないとね。

水温計

快適な水温は、15〜25℃(5〜27℃の範囲内なら問題なし)。
低い水温には耐えられるが、高い水温には耐えられない。
27℃を越えると、注意が必要。
30℃を越えると、かなり危険な状態になるので、水温が上昇する、夏場は注意が必要です。

隠れ家

身を隠すことが出来る土管があればいいみたい。
だがしかし、ルーちゃんはあまり土管に入りたがらない。

たまたま土管に入った時の貴重な1枚。笑
↓↓↓

ろ過フィルター

フンや餌の残りで水が汚くなるので、ろ過フィルターを設置すると、水換えの頻度が減るので必要に応じて用意。
ろ過フィルターは、無くても問題ない。
ウーパールーパーがまだ小さいうちは、ろ過フィルターの水流に負けて押し流されてしまうので、用意する必要はない。

 

ウーパールーパーの飼育方法

  • 水槽はできるだけ涼しい場所に設置し、直射日光が当たらないようにしよう。
  • 足音や振動が苦手なので、水槽を床に置かないようにしよう。
  • 砂利や砂を誤飲しちゃうので、一緒に入れないようにしよう。
  • 金魚やメダカ、タニシも食べちゃうので、同じ水槽で飼わないようにしよう。
  • 仲間の手足やエラを間違って食べることがあるので、単独で飼育しよう。

エサの与え方

ウーパールーパーが小さいうちは、1日1回、残さず食べきれる量をあげよう。
エサを与えすぎると、ウーパールーパーが消化不良になるので注意してね。

  • 体長12cmくらいまでは、小さめな固形のエサや冷凍赤虫。
  • 体長18cmくらいまでは、固形のエサや冷凍赤虫。
  • 体長18cm以上は、大きめな固形のエサや冷凍赤虫。

 

ウーパールーパーのルーちゃんにエサを与えるのは、子どもたちの役目。
↓↓↓

子どもたちが近づくと、ルーちゃんがひょっこり顔を出します。

「はい!ひょっこりはん!」
↓↓↓

やはり視力が弱いのか、エサが頭の上に乗っても、なかなか気づかない。笑
↓↓↓

エサを食べるとき、パクッと吸い込むと同時に上に飛び跳ねる仕草がかわいい。
↓↓↓

ルーちゃん、お腹いっぱいの様子。
↓↓↓

水換え

  • カルキ抜きした水を使って、水を換えよう。
  • 1日くみ置きした水道水(カルキ抜き)を使って、水槽に水を入れよう。
  • どうしても水道水を使う時は、液体のカルキ抜きを使おう。
  • 1週間に1度を目安に、水を換えるようにしよう。
  • フンや餌の残りで水が汚くなれば、その都度、水を換えるようにしよう。
  • フンや餌の残りは、スポイトを使うと簡単に取れるよ。
  • 急な水質変化を避けるため、1/3程度は元の水を残しておこう。

まとめ

ルーちゃんって、かわいいなぁ〜。
ウーパールーパーって、かわいいなぁ〜。

ウーパールーパーの飼育方法は、誰にでも簡単にできる。
何より見てて飽きないし、癒される。
ウーパールーパーの飼育は、本当にオススメ!

これからの成長が楽しみです!

そんな感じ。
( ´ ▽ ` )ノ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしゃいむをフォローしよう!