クロダイ

スパイニークロー(デプス)はクロダイをも魅了する。

最近、デプスのワームにハマってます。

どーも、ボクです。

スパイニークローとバルビュータは手放せなくなってきた。

前回、3.5インチのスパイニークローとバルビュータを使ったタケノコメバル釣行だったので、今回はもう少しアピールが強い4インチでタケノコメバルを狙ってみる。

スパイニークローで、クロダイも反応するとは思ってもみなかった。

 

タケノコメバルにバルビュータ(デプス)は欠かせなくなった。最近、デプスのワームにハマってます。 どーも、ボクです。 前回のタケノコメバル釣行のモヤモヤが、まだスッキリしてません。 ...

40cm超えのタケノコメバルを求めて

まだ40cm超えのタケノコメバルを釣ったことがない。

やっぱり夢の40cm超えのタケノコメバルを釣りたい。

時間を見つけては、あーだこーだと試行錯誤を繰り返すも、40cm超えのタケノコメバルはなかなか遊んでくれない。

タケノコメバルの釣りは、釣りの経験や知識も豊富にある同級生から教えてもらった。

タイミングが合えば一緒に釣りへ行くが、彼は淡々と魚を追い求めて行くスタイル。

気がつけば、一人遠くの方で魚を釣り上げていることもしばしば。

素敵な魚を釣っても、喜びをあまり表面に出すタイプではない。

そんな彼からある日、LINEがきた!

 

同級生の仲間
同級生の仲間
さっきギリ40でたよ
しゃいむ
しゃいむ
おのれー

同級生の仲間
同級生の仲間
久しぶりのタケノコ楽しかったわ
しゃいむ
しゃいむ
自分だけ40up釣ってずり〜

 

LINEで送られてきた40cmのタケノコメバル。
↓↓↓

40cmのタケノコメバルを釣れば、そりゃ楽しかろう。

同級生は過去にも40cmのタケノコメバルを何本か釣り上げている。

それにひきかえ自己記録のタケノコメバルは38cm。

この、2cmの差が大きい。

おのれー、負けとれん!

 

出るか?40cmのタケノコメバル!自己記録更新なるか!?近場のシーバスが、なかなか遊んでくれません。 どーも、ボクです。 そろそろ河川にシーバスが入ってきても良さそうな頃。 サー...

 

スパイニークローでクロダイを釣る

40cm超えのタケノコメバルに遊んでもらいたくて、今日もやってきたというわけ。

狙うポイントは、産卵を意識したタケノコメバルが差してくるであろうシャローエリア。

過去に何本も30cm超えのタケノコメバルも釣り上げている実績のポイント。

 

ホンダワラの状態は良さそうだ。
↓↓↓

向かい風が気になるけど、釣りが出来ないほどでもない。

むしろ水面が少し波立っているので、魚に対するプレッシャーが少なく、警戒心が緩くなってる可能性もある。

向かい風なので、どのベイトリールを使うかおうか!?

やっぱり先日のリールメンテナンスでグリスアップしたばかりの15カルカッタコンクエスト200HGを使ってみる。

使いたくて使いたくて、ウズウズしてたから、多少の向かい風でも平気でしょ。

 

スパイニークロー(4インチ)をセットし、キャストを繰り返す。

さすがは、カルカッタコンクエスト。

ノイズもなく、ヌメヌメな巻き心地にはうっとりしてしまう。

削り出しによる剛性の高さは、スパイニークローがフォール中のわずかな微振動もリールを介して、手元に伝わってくる。

魚が釣れても釣れなくても、この感覚がたまらない。

 

しばらくキャストを繰り返していく。

「コツンコツン」

わずかな反応も見逃すものかと、フッキング!

「ババババァー!!」

この引き!

間違いなく、30cmは超えてる。

もしかして、40cm超えのタケノコメバルかも!?

期待が高まる。

 

ワールドシャウラがレインボーの弧を描く。

カルカッタコンクエストのフルロックで、ガチンコファイトは楽しすぎる!

 

しゃいむ
しゃいむ
あれ!?
なんか変だぞ?

 

お魚が白いっぽい!?

ホンダワラへ突っ込まずに、横へ横へと走る走る。

シーバス!?クロダイ!?

 

遊んでくれたのは、なんとおチヌさま。
↓↓↓

遊んでくれて、ありがとう。

タケノコメバルを狙ってて、クロダイを釣ったのは初めて。

ヒレピンで、カッコイイ!

 

せっかくなので、メジャーシートに載せてみる。
↓↓↓

スパイニークロー(4インチ)に、がまかつの3/0フックがバッチリフッキングしてる。

クロダイって、オフセットの3/0フックでもフッキング出来ることを初めて知った。

 

41cmの綺麗なクロダイ。
↓↓↓

40cm超えのタケノコメバルを狙って、40cm超えのクロダイとは。

スパイニークロー、恐るべしです。

 

スパイニークローでタケノコメバルを釣る

次に続けと懲りずにスパイニークロー(4インチ)をキャスト。

3.5インチに比べると4インチはアピール力がある。

ほんのちょっとの差なんだけどね。

動きも艶かしいし、どうしても期待してしまう。

 

ピックアップ寸前のホンダワラから飛び出してきてくれたのは、手尺で28cmほどのタケノコメバル。

 

スパイニークロー(4インチ)で釣ったタケノコメバル。
↓↓↓

 

いい感じで、スパイニークロー(4インチ)にハマってます。
↓↓↓

 

お腹がかなり膨らんでるから、やはり産卵を意識したタケノコメバルなんだろうね。
↓↓↓

元気な子供が産まれますようにと願いを込めて、優しくリリース。

遊んでくれて、ありがとう。

 

最後に、おチビちゃんが遊びに来てくれた。
↓↓↓

こんなに小さいタケノコメバルなのに、4インチのスパイニークローに食いつくんだもんなぁ〜。

大きくなったら、また遊んでね。

ありがとう。

 

まとめ

短時間のタケノコメバル釣行だったが、最初から最後まで4インチのスパイニークロー(スカッパノン)でやり通した。

スパイニークローはブラックバスだけじゃなく、タケノコメバル、クロダイをも魅了する万能ワームだ!

近くの釣具屋さんには、なかなか置いてないので、見つけ次第、即買い必須ですわ。

スパイニークロー、ますます手放せないワームの一つとなった。

 

そして、40cm超えのタケノコメバルへの道のりはまだまだ続きそうである。

そんな感じ。

Fishing Memo

2018.11.15
小潮・17℃(19℃)
WORLD SHAULA 17113R-2
15 CALCUTTA CONQUEST 200HG
POWER PRO Z 2.0
GT-R ULTRA 20lb
TEXAS RIG 3/8oz
WORM 316 3/0
SPINY CRAW 4inch(#28 スカッパノン)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしゃいむをフォローしよう!