タックル

IOSリール無料メンテナンスでわかったカルコンの落し穴!?

釣具屋さんで、IOS FACTORYによる「リールの無料メンテナンス」イベントが開催されてる。

どーも、ボクです。

一年ほど前に、IOS FACTORYの主力商品である、「IOS-01 PROオイル」「IOS-02 PROオイル」「ギアグリス」を使ったリールメンテナンスをしてもらい、それ以降「IOS-01 PROオイル」が手放せなくなってしまった。
今回は、「16アンタレスDC」と「15カルカッタコンクエスト200HG」2台のベイトリールをメンテナンスしてもらうが、「15カルカッタコンクエスト200HG」に落し穴があったとは知るよしもなかった。

IOS-01 PROオイルでベイトリールが劇的に変化!?釣り人にとって天気のいい日曜、波風が強く釣りへ行けない時に行く場所は一つしかないよね? どーも、ボクです。 なにやら釣具屋さ...

16アンタレスDCのベアリング交換

1年ほど前、「16アンタレスDC」のリーリングに違和感を感じ、シマノのオーバーホールキャンペーンへ依頼してみた。
「16アンタレスDC」のドライブギアとピニオンギア、ベアリングの傷によるゴロツキが原因だった。
部品交換後は、シルキーな巻き心地が戻り、快適に使用していたが、ここ最近になって片方のハンドルノブの回転が鈍くなってきた。

気にならないって言えば気にならないんだけど、なんとなく気になっちゃって、ハンドルノブのベアリングを交換してもらうことにした。

リールのメンテナンスは、IOS FACTORYの岡村社長が自ら行う。
(岡村社長には撮影許可を頂いてます)

慣れた手つきで、ハンドルノブを取り外しベアリングを交換。
↓↓↓

IOS FACTORYのベアリングは、「IOS-01 PROオイル」をドブ漬けにしたものなので、ベアリング表面に塗布するよりも圧倒的にオイルの持続力があるとのこと。

ハンドルノブを固定するボルトも丁寧に締めていく。
↓↓↓

ハンドルノブの回転をチェック。
↓↓↓

軽く触れただけで、いつまでもハンドルノブが回転していく。
これだけでも自然と頬が緩んでしまうwww。

ハンドルノブのベアリングを交換後、岡村社長が何かに気づいた様子。

岡村社長
岡村社長
ハンドルノブは油分で劣化しやすい。
ベタついてきたと思ったらパーツクリーナーを一拭きし、キッチンペーパーで拭き取れば元に戻るよ!

ハンドルノブも綺麗にして頂きました。
ありがとうございました。

「IOS-01 PROオイル」を軸受けベアリングに塗布。
「IOS-02 PROオイル」をウォームシャフトに塗布。

ハンドルの回転が早すぎて、ハンドルが消えてますw。
↓↓↓

「16アンタレスDC」のメンテナンス、ありがとうございます。
軽くて、しっとりとした巻き心地が蘇りました。

オーバーホールキャンペーンでシマノがまさかの神対応!?16アンタレスDCがオーバーホールから戻って来ましたよ〜と、ショップ店員さんから着信アリ。 どーも、ボクです。 待つこと、ち...

15カルカッタコンクエスト200HGの落し穴

「15カルカッタコンクエスト200HG」は、「12アンタレスHG」や「16アンタレスDC」に比べると、比較的出番が少ないため、自分では特にこれといった不具合が感じられない。
スプールの回転も良好だし、ハンドルノブの回転も悪くない。
ただ「15カルカッタコンクエスト200HG」は、今までメンテナンスを依頼したことがない。
いいタイミングなので、メンテナンスしてもらおうという訳。

「IOS-01 PROオイル」をスプール軸に塗布。
↓↓↓

「IOS-01 PROオイル」を軸受けベアリング(ブレーキシュー側)に塗布。
↓↓↓

「IOS-01 PROオイル」を軸受けベアリング(メカニカルブレーキ側)に塗布。
↓↓↓

岡村社長
岡村社長
マイクロモジュールギアは、ちょっとクセがあるんだよなぁー
しゃいむ
しゃいむ
クセ!?
岡村社長
岡村社長
マイクロモジュールギアの保護カバーは、ビス1本だけで固定されている。
つまり、いとも簡単にギアの中に水が入ってくるってこと。

しゃいむ
しゃいむ
えっ!?知らなかった。
マイクロモジュールギアの保護カバーを固定してるビスを取る。

(マイナスドライバーで簡単に取れる)
↓↓↓

マイクロモジュールギアのカバーを取る。
↓↓↓

「15カルカッタコンクエスト200HG」のパーツリスト。
↓↓↓

【出典:シマノ】

こんな落し穴があったなんて。
確かに、保護カバーはビス1本で固定されている。
「15カルカッタコンクエスト200HG」は海水対応だけど、釣行後の水洗いを少しでも怠ると、マイクロモジュールギアは一発で腐食してしまう。汗

すでにマイクロモジュールギアの側面が少し腐食しているのがわかる。
↓↓↓

岡村社長
岡村社長
マイクロモジュールギアには、「IOSギアグリス」以外は考えられない。
他社スプレー式は、ギアの奥まで浸透しないから全く意味がない。
「IOSギアグリス」は、マイクロモジュールギア専用と考えてもらってもいいよ!

「IOSギアグリス」を注射器で丁寧に塗布。
↓↓↓

マイクロモジュールギアの保護カバーを元に戻す。
↓↓↓

最後にハンドルの回転を確認して、メンテナンス終了。
↓↓↓

「15カルカッタコンクエスト200HG」のメンテナンス、ありがとうございます。
ヌメヌメな、しっとりとした巻き心地になりました。

 

まとめ

釣行後、リールは必ず水洗いしていたけど、水洗いが足りなかったのか!?
水洗いは、もう少し念入りにする必要があるのかも知れない。
リールは「海水対応」でも「淡水専用」でも、釣行後の水洗いは必須。
定期的なリールのメンテナンスも、必須だと痛感。

「15カルカッタコンクエスト200HG」の構造が少しでもわかって良かった。
「16アンタレスDC」も「15カルカッタコンクエスト200HG」も、さらに愛着が湧いてきた。
↓↓↓

今よりも大切に使っていこう!

ルアーフィッシングにおいて、リールは欠かせない存在。
素敵な魚と出逢いたいなら、日々のメンテナンスは不可欠ですよね。
「IOS-01 PROオイル」でメンテナンスしたリールなら、異次元のリーリングを体験することができますよ。

素敵な魚に出逢えそうな予感。

そんな感じ。
( ´ ▽ ` )ノ

★釣り・フィッシング カスタムパーツ専門店【HEDGEHOG STUDIO】でも取り扱ってます。
↓↓↓



コメント(Twitter)