MENU

ツインテールでウィードエッジに潜むタケノコメバルを狙う!

  • URLをコピーしました!

そろそろホンダワラが育ってきたかな?

どーも、ボクです。

ホンダワラの成長とともに、ディープエリアにいたタケノコメバルがシャローエリアへ移動してくる時期。

タケノコメバルは冬場に産卵するため、そろそろ産卵を意識した個体がいてもおかしくない。

そんなタケノコメバルをデスアダーグラブ・ツインテール(デプス)で狙ってみる。

目次

Shaim StyleYouTube動画

タケノコメバルはホンダワラの中にいる

いつもながらの短時間釣行。

出来ることなら、サクッとタケノコメバルを釣り上げたいところ。

狙うタケノコメバルは、やはり40UPのモンスターサイズ!

秋に釣り上げた、40UPのタケノコメバルの記憶が蘇る

気になる、ホンダワラの成長具合はいかがでしょうか?

ホンダワラ

いい感じで育ってきてますねー

これは期待できる。

さてさて、ワームは何を使おうかな?

タケノコメバルをツインテールで狙う

ホンダワラが密集してるので、大好きなワンナップシャッドやスイングインパクトのようなシャッド系ワームは使い勝手が悪かったりする。

ホンダワラのマットを突き破り、ボトムへなかなか落とし込めないことが多い。

ストレート系のワームなら、ホンダワラに引っかかることも少ないがタケノコメバルへのアピールが弱い。

時間に余裕がある釣行ならストレート系で様子をみたいが、限られた短時間なので結果を早く出したい。

選択したワームは、デスアダーグラブ・ツインテール(デプス)。

  • ホンダワラのマットを貫けるシンプル形状
  • 強力な波動でアピール大
  • 35UPのタケノコメバルを釣った実績がある

ツインテールに願い込めて、まずは足元を狙ってみる。

ホンダワラのウィードポケットへツインテールを落とし込む。

いかにも、ドン!とタケノコメバルが出てきそうで、ワクワクする♪

しゃいむ

抜けた!

狙いは間違っていないようだ。

そして、タケノコメバルは足元にいる!

もう一度、同じ場所へツインテールを落とし込む。

しゃいむ

あれ!?

タケノコメバルのサイズが小さいのか?

認めたくないがフッキングが甘いのか?

懲りずに同じ場所へ、ツインテールを落とし込む。

三度目の正直

ならず。

きっと小型のタケノコメバルに違いない。

多分。

少し沖目に点在する、ウィードエッジを狙ってみる。

ハードボトムでカケ上がりにもなっている複合ポイントなので期待できる!

ボトムを感じながら、ホンダワラに絡まないよう意識しつつ、ツインテールをリフト&フォールしていく。

「コンコン」

しゃいむ

いた!

いつもよりアタリは小さいので、少し送り込んでからのフッキング!

ようやく出会えた!

28cmくらいのタケノコメバル

4.5インチのツインテールを食ってきたから、もう少し大きいかと思ったがそうでもなかった。

キレイなタケノコメバル

遊んでくれて、ありがとう。

小さくてもタケノコメバルは癒されます。

ロケーションもタックルも最高なので、清々しい気分になります。

ワールドシャウラ(17113R-2)と12アンタレス

次こそは、40UPのプリップリなタケノコメバルを釣り上げたい!

デスアダーグラブ・ツインテールの強力な波動によるタケノコメバルへのアピールは、やはり魅力的です!

まとめ

予想通り、ホンダワラが成長していたものの、残念ながら産卵を意識したタケノコメバルを釣り上げることはできなかった。

デスアダーグラブ・ツインテールはもう少し使い込んでみたいワームの1つになった。

冬のタケノコメバル、シーズンが始まったばかりなので、これからに期待です。

次こそは、40UPのタケノコメバルを釣り上げる!

楽しみは尽きない。

そんな感じ。

Fishing Memo

2019.12.28
中潮・99
WORLD SHAULA 17113R-2
12 ANTARES HG
(夢屋12アンタレス深溝スプール)
POWER PRO Z 2.0
GT-R ULTRA 20lb
TEXAS RIG 1/2oz
WORM 316 #4/0
DEATH ADDER GRUB TWIN-TAIL 4.5″
#58 クリアローズペッパー)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次