タケノコメバル

初釣りはタケノコメバルからスタート。

年が明けてから、早くも半月が経ちました。

どーも、ボクです。

まだ2018年の初釣りでFirst Fishを釣り上げてないため、どうにも落ち着かない日々が続いてます。
今年は天候が不安定だし、なによりシーバスの釣果も安定しないらしい。
どうしたものかと悶々と過ごす日々。
困った時の、タケノコメバル頼み。
前回のリベンジも兼ねて、初釣りに行ってみますか!

寒波到来

毎年の事かもしれないが、センター試験や成人式近くになると、必ずと言っていいほど寒波がやってくる。

冬将軍も意地悪ですね。

しかも今年の寒波は、なんと7年ぶりの大寒波が到来!
マジでハンパねぇー

朝起きると、自宅前が一面銀世界なわけです。
子どもたちは、降り積もった雪にテンションも上がって大はしゃぎ♪

雪かきを手伝ってくれるけど、全くもって追いつかない。
↓↓↓

こりゃ釣りどころじゃないね。汗
道中の積雪量や凍結も気になるし、しばらくは静観って事で。
…とほほほほ。

 

タケノコメバルに会いにいこう

ようやく寒波が落ち着き、警報も全面解除。
雪もなんとか溶け始めたから、大丈夫でしょう。

今年の初釣りです。
なんとかして時間を作り、いつもの短時間釣行でタケノコメバルに会いにいこう。

しかし気温差が激しいね。
寒波で冬将軍が暴れまくってる昨日一昨日は気温が-3℃なんて日もあったけど、今日の気温はまさかの13℃!
春ですねー。笑
この気温差が、どれだけ釣りに影響するのかな?

ホンダワラ

おっ!?

いつもよりも、ホンダワラが成長してる気がする。
↓↓↓

これは期待できるかもよ!?

ホンダワラが成長してるのをみると、なんだかワクワクします♪
今日こそは、タケノコメバルに会える予感。

 

タケノコメバルのワーム

はやる気持ちを抑えながら、まずセットしたワームはお気に入りの「エアーベイト」。

冬のタケノコメバルは、ホンダワラのボトムに、じっと身を潜めている。
ホンダワラの中にワームを入れるためには、ホッグ系よりもストレート系の方が有効と考えている。
ホッグ系だとワームの手足がバタつき、ホンダワラに引っかかりやすく、ボトムに着底することが困難になる。
ホッグ系が釣れない訳じゃなく、大きさや形を変え、状況に応じて使い分けることが大切ですね。

タケノコメバルに会いたかった

キャストを繰り返し、ホンダワラのボトムをエアーベイトで、ネチネチネチネチ。
丁寧に丁寧に、ネチネチネチネチ。
何度も何度も、ネチネチネチネチ。

すると、「ガツン」っときたよ!

そんなに大きくないけど、会いたかったー
↓↓↓

手尺で、26cmって感じかな?
サイズじゃないんですよ。
今年の初釣りで、First Fishに価値があるんです。

2018年の初釣りはタケノコメバルからスタートです。

タケノコさま、いつ見てもカッコいいなぁ〜
↓↓↓

遊んでくれて、ありがとう。
タケノコさまの顔が見れたので、かなり満足。

その後、心当たりのポイントへ移動してみたけど、追加ならず。
また今度。

釣り人のゴミが減らない

ポイント移動の途中に発見。
↓↓↓

「みんなの釣場をきれいにしましょう!」

全くその通りです。

しかしなぜ、木に引っかかってる?
まさか釣り人が引っかけた?捨てたの??
まさかねぇ〜、風に飛ばされたんだよね?
きっとそうだ。
そういうことだ。

路面には、まだ雪が残ってるので目に付くゴミだけ拾ったけど、雪が溶けてきたらゴミも出てくるのかな?
↓↓↓

とても残念ですわ。
一つでもゴミがなくなることを願いつつ、ゴミ拾いを続けていきます。

まとめ

今日は、赤系のワームに好反応。
↓↓↓

どれも実績のあるワームとカラーなんだけど、反応があったのは赤のみ。
いろいろ試して、自分のStyleで答えを探して、釣りを確立していく。
でも今日のパターンが、次回に通用するとは限らない。

その時その時の状況で、パターンが変化するから、答えがあって答えがないようなもの。

これが釣りの面白いところ。
40UPのタケノコさまに会うためにも、答え合わせを続けていこう。

そんな感じ。
( ´ ▽ ` )ノ

Fishing Memo

2018.1.16
大潮・13℃(12℃)
WORLD SHAULA 1833RS-2
15 CALCUTTA CONQUEST 200HG
POWER PRO Z 2.0
GT-R ULTRA 20lb
TEXAS RIG 1/2oz
WORM 316 1/0
AIR BAIT 4” HD(バイオレンスレッド)