タックル

リバーシブルタイプでルアーボックスの悩み解決。

台風21号の接近により、各地で被害を及ぼしているようですが、皆さんの地域は大丈夫でしょうか?

どーも、ボクです。

増水による河川の氾濫や海での高波には、十分注意が必要です。
命あっての釣りです。
釣りへ行く際には、気をつけてくださいね。

そんな訳で、なかなか釣りに行けないため、ルアーボックスの事でも紹介してみようかと。

ルアーフィッシングには欠かせないルアーボックス

ルアーの大きさや種類、カラー等を分類出来る、仕切り板が付いたルアーボックス。
ルアーの収納方法も様々で、たくさんのデザインや大きさのルアーボックスがあり、迷ってしまいます。

個人的に、シーバスがメインの釣りなので、ゲームベストを着用します。
ゲームベストのポケットにすっぽり収納出来る、VS-3010NDM (明邦化学)を使っています。
(仕切り板が3つ付いて、最大収納箇所が4分割できるタイプ)
どこの釣具屋さんにも置いてある、ごくごく一般的なルアーボックス。

はじめのうちは、使うルアーの数もカラーも少ないため、4分割しても十分なスペースが確保出来てたんやけどね~
ついつい、いろんなカラーが欲しくなったり、違う大きさ、違う重さのルアーがいつの間にか増えるんだよね~
これがルアーフィッシングの不思議なところ。
あるあるやね。笑

今使ってる、ルアーボックス。
VS-3010NDM(蓋を開けた状態)。
↓↓↓

ぐちゃぐちゃです。汗
ルアーが収まらず、仕切り板を取り外して使ってます。

100mmを超える長さのルアーになると、仕切り板を外さなければ、なかなか収納できません。
収納スペースを確保するため、ルアーのフックをむき出しの状態あるいは、輪ゴムで固定する事も出来るけど、ボクはフックカバーを付けてます。

フックカバーをつける利点

・ルアーが傷つかない。
・フック同士が絡まるのを防ぐ。
・フック(針先)の劣化防止。
・フックによる怪我防止。

フックカバーをつける欠点

・収納スペースが確保出来ない。
・フックカバーの取外しが面倒。
・フックカバーを購入しなければならない。

最近は、ルアーも増えてるにも関わらず、使うルアーが限られてるし、フックカバーも煩わしくなってきた。
なんかいい方法はないものかと考えてたら、仲間の一人がリバーシブルタイプを使っていたのを思い出す。

リバーシブル145。
130mmクラスのルアーや3.5号クラスのエギを収納するためのボックスで、対面トライアングル構造のため無駄なく収納可能とのこと。

これはいけるんじゃねー
もしかしたら、ルアーボックスの悩みが解決されるかも!?

ルアーボックスの悩みが解決

早速、釣具店へ行ってみる。
あったあったこれこれ、試しに購入。

購入したのが、リバーシブル140とリバーシブル100。
↓↓↓

リバーシブル140は、VS-3010NDMと同じ大きさなので、ゲームベストのポケットにもすっぽり収まる。
リバーシブル140は140mmまでのルアー、リバーシブル100は90mmまでのルアーを収納することが出来る。

リバーシブル140の表面収納(アストレイアシャロー99F、ヒラメミノー125F)。
↓↓↓

リバーシブル140に裏面収納(サイレントアサシン129F、サイレントアサシン99F)。
↓↓↓

リバーシブル100に表面収納(ガボッツ95F、スネコン90S)。
↓↓↓

リバーシブル100に裏面収納(ミニスライト75、ローリングベイト77、ゴリアテハイ95F)。
↓↓↓

リバーシブル140は10個、リバーシブル100は14個のルアー収納が可能。
いい感じでルアーが収まりました。

個人的にリバーシブルを使ってみた、長所と短所を挙げてみる。

リバーシブルの長所

・ルアーが単独で収納され、ルアーが傷つかない。
・収納されているルアーが一目でわかる。
・フックカバー不要。
・フック同士が絡まない。
・ルアーチェンジがスムーズ。
・フックカバーの購入不要。
・余分なルアーを買わなくなった。

リバーシブルの短所

・VS-3010NDMに比べ、割高。
・限られたルアーしか収納できない。
・秋のアオリイカシーズンだと、店頭で売り切れることがある。
・基本的にミノー用なので、バイブレーションには使いにくい。

リバーシブルを使い始めてからは、悩んでたことがほぼ解決された!
ルアーボックスは、リバーシブルが使いやすい。
用途に合わせて、使い分けしていこう!
↓↓↓

ルアーボックスに悩んでる方は、一度お試しあれ。
メイホウのリバーシブル、おすすめです。

そんな感じ。
( ´ ▽ ` )ノ

★ポイントが貯まるお得な購入方法はこちら。

メイホウ(MEIHO) リバーシブル 140 クリア

記事が気に入ったら
Shaim Styleを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Shaim Style

ピックアップ記事

  1. 16アンタレスDCの飛距離。
  2. リバーシブルタイプでルアーボックスの悩み解決。
  3. ゆく年くる年、おさかなさんはどこへ!?
  4. ハイシーズンなのにシーバスはどこへ。
  5. キャスティング船の2度目も消化不良。

関連記事

  1. タックル

    12アンタレスのプチメンテナンス。

    休憩中、いかがお過ごしでしょうか?どーも、ボクです。1…

  2. タックル

    16アンタレスDCをオーバーホールキャンペーンへ依頼。

    9月に入り、朝晩が少しずつ肌寒くなって来ました。どーも、ボクで…

  3. タックル

    エアーベイトは抜群の釣果を叩き出す信頼のワーム。

    探し物はなんですか?見つけにくいものですか?どーも、ボクです。…

  4. タックル

    ルアーキャッチャーでルアーロスト軽減。

    新品のルアーを1投目でなくした事があります。(T_T)どー…

  5. タックル

    ベイトリールにはパワープロZがおすすめ。

    PEライン、種類がたくさんあって、あれやこれやと迷ってた時期もあったっ…

  6. タックル

    IOS-01 PROオイルでベイトリールが劇的に変化!?

    釣り人にとって天気のいい日曜、波風が強く釣りへ行けない時に行く場所は一…

おすすめ記事

最近の記事

Archives

Ranking

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
  1. シーバス

    今更ながらチャートは釣れる。
  2. ナマズ

    元気いっぱいナマズさん。
  3. シーバス

    スネコン90Sで釣った初めてのシーバス。
  4. あれこれ

    場を温めるというより場を荒らしまくる。
  5. タケノコメバル

    2018年の釣りはタケノコメバルからスタート。
PAGE TOP