タックル

ベイトリールにはパワープロZ(シマノ)がおすすめ。

PEライン、種類がたくさんあって、あれやこれやと迷ってた時期もあったっけ。

どーも、ボクです。

今現在、使用してるPEラインは、シマノの「パワープロZ」に落ち着いてる。
基本的にシマノ派ってのもあるけどねwww

パワープロZ

他メーカーで、4本編みや8本編みもあるけど、個人的にはどれもしっくりこない。
パリッとしたPEラインって、なかなかないんだよねー。
ベイトリールには、細くて、しなやかなラインだと、ラインがスプールに食い込んでしまったり、バックラッシュ等、ライントラブルの原因にもなりかねない。

同じシマノから、ミッションコンプリートってPEラインが発売された時は、飛びつきそうになったけど、なかなかの値段だもんなぁ。汗
(^◇^;)

「パワープロZ」の長所と短所を考えてみた(個人的な見解)。

パワープロZの長所

  • パリッとしてるので、ベイトリールには最適。
  • リーダーとの結束が決まりやすい。
  • ある程度、根ズレに耐えられる。
  • ホワイトカラーは、夜でも視認性が良い。
  • 手に入りやすい。
  • 比較的、安価。
  • シマノ製。

パワープロZの短所

  • コーティングが取れやすい(粉が出る)。
  • 河川でホワイトカラーを使うと、ラインが汚れて茶色に染まりやすい。

 

仲間からは、毛羽立ちが気になるらしいが、個人的にはそこまで気にならないレベル。

そんな訳で、現在は「パワープロZ」を愛用してる。

パワープロZ(2.0号)

12アンタレスのノーマルスプールには、「パワープロZ」の1.5号を巻いてたんやけど、ラインがかなりへたり、糸巻き量も少なくなって来たので、新しいラインに巻き直す。

そのタイミングで、1.5号 → 2.0号に変更してみた。
↓↓↓

「パワープロZ」の2.0号 150mが良い感じに収まった。

元々、太い糸が好きだし、ベイトリールなら魚とのやり取りに安心感がある。

やっぱり新しいラインは気持ちがいい!

このラインで、秋のランカーシーバスを釣り上げたいもんです。

ベイトリールには、「パワープロZ」がおすすめですよ!

そんな感じ。
( ´ ▽ ` )ノ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしゃいむをフォローしよう!