タックル

リルラビット(デプス)は唯一無二の変幻自在な万能ワーム。

名前がかわいいなぁー

どーも、ボクです。

実は「リルラビット」って、最近知りました。笑

デプスから発売されてるリルラビット、ブラックバスをやる人なら説明不要の爆釣ワームなのでは?

同じくデプスから発売されている「バルビュータ」と「スパイニークロー」は、ここ最近タケノコメバルを狙うときに、なくてはならないワームになってきている。

リルラビットもこれからは、なくてはならないマストアイテムになること間違いなしです!

はじめましてリルラビット

何年もボクの髪の毛をカットしてくれてる、理容師のTさん。

Tさんの趣味は釣り。

特に、バスフィッシングが好きなんです。

髪の毛を切りに行くと、必ず釣りの話になり、気がつけばあっという間に時間が経ち、髪の毛もサッパリしてるというわけ。

時間を忘れる釣りの話は楽しいですね!

 

ある日、Tさんのお店へ髪を切りに行ったときの会話。

 

しゃいむ
しゃいむ
最近、デプスのバルビュータとスパイニークローにハマってるよ!
タケノコメバルにも好反応だよ。
Tさん
Tさん
僕もデプスが好きなので、バスフィッシングでよく使いますよ!
釣れますよねー
しゃいむ
しゃいむ
ちなみに、どんなカラーが好き?
ボクは、スカッパノンが好きやわ。
クロダイも40UPのタケノコメバルもスカッパノンで釣ったし。
Tさん
Tさん
状況にもよりますが、ブラックだったりクリア系だったりしますよ。
デプスにハマってるなら、リルラビットは使いましたか?
しゃいむ
しゃいむ
リルラビット??
Tさん
Tさん
開封済みで申し訳ないんですが、良かったら試しに使ってみてください。
カラーはスカッパノンです。
しゃいむ
しゃいむ
えぇー!?いいの?
ありがとう!
次のタケノコメバルで試してみるよ!

 

Tさんからのご好意で頂いた、リルラビット(スカッパノン)。
↓↓↓

頂いたのは4インチ。

ボディーサイズは3インチと4インチの2種類ラインナップされているが、4インチが使いやすそう。

フックサイズはオフセットフックの4/0がオススメだけど、3/0でも問題ないとのこと。

これは期待出来ますよね!

 

リルラビットのYouTube動画

出典:depsweb

 

出典:depsweb

リルラビットは変幻自在な万能ワーム

Tさんからリルラビットの使い方を簡単にレクチャーしてもらう。

こんな使い方があるなんて、ボクの中では目から鱗ですわ!

 

リルラビット

甲殻類からベイトフィッシュまでイミテートさせることができ、アイディア次第で変幻自在な万能ワームになる。

 

リルラビットは、クロー系ワームのように手足のパーツがあるわけではない。

形状としては、扁平なボディにテールが付いただけのシンプルなワーム。

極薄テールの先に付いている、極厚ブロックが力強い波動を発生させる。

シンプルなワームなので、バスフィッシングでいうパンチングやスキッピングでストラクチャーへ打ち込むことが得意なワームだということがわかる。

甲殻類にイミテート(その1)

リルラビットを甲殻類にイミテートさせたい時は、ワームの扁平ボディーの上からオフセットフックを縦刺しする。

 

ワームの扁平ボディーの上からオフセットフックを縦刺し。
↓↓↓

フックは、WORM 316 4/0(がまかつ)。

テキサスリグでよくやる、見慣れたフックの刺し方。

縦刺しにすることで、リルラビットを甲殻類にイミテートさせることができる。

甲殻類にイミテート(その2)

「甲殻類にイミテート(その1)」に、魚がスレてきたと思ったら、リルラビットのテールをカットする。

リルラビットには、あらかじめテールカットができるように切り込みが付いている。

簡単に手でテールカットが出来る親切設計。

テールカットしたことで、甲殻類のハサミに早変わり。

 

テールをカット。
↓↓↓

テールカット前(左)とテールカット後(右)

甲殻類をイミテートしたハサミが、独立した動きになる。

 

この変化は、スゴい!

 

テールがウサギの耳に似ていることから、ラビットテールと呼ぶ。

リルラビットの名前の由来が、ウサギからきてるとかきてないとか。

甲殻類にイミテート(その3)

「甲殻類にイミテート(その1)」も「甲殻類にイミテート(その2)」にも
魚がスレてきたと思ったら、リルラビットの極厚テールをカットする。

テールカットしたことで、甲殻類のハサミがよりフワフワと漂う。

 

極厚テールカット。
↓↓↓

スパイニークローに近い動きになるのかな!?

実際に現場で試してみたいので、極厚ブロックはカットせず、指で隠してます。

ベイトフィッシュにイミテート

リルラビットをベイトフィッシュにイミテートさせたい時は、ワームの扁平ボディーの横からオフセットフックを縦刺しする。

 

ワームの扁平ボディー横からオフセットフックを縦刺し。
↓↓↓

フックは、WORM 316 4/0(がまかつ)。

縦刺しにすることで、リルラビットのテールをベイトフィッシュの尾びれにイミテートさせることができる。

甲殻類にイミテートさせた時のように、テールカットや極厚ブロックをカットすることで、また違ったベイトフィッシュにイミテートさせることが出来るかも!?

 

その場の状況やアイディア次第で、リルラビットは唯一無二の変幻自在な万能ワームになること間違いなしです!

 

 

リルラビットは入手困難

リルラビットを追加購入しようと思い、近所の釣具屋さんに行ってみる。

デプスのワームコーナー。

どれどれ。

バルビュータもスパイニークローも案の定、在庫なし。

在庫がある時に買っといて良かったー

 

バルビュータとスパイニークローが売り切れる前に追加購入。ここ最近デプスのバルビュータとスパイニークローがお気に入りなのです。 どーも、ボクです。 しかし困ったことに、近所の釣具屋さ...

 

そしてお目当のリルラビットは、どこだどこだ?

 

…在庫なし。

 

デプスのワームで、在庫があるのはデスアダーだけ。

デプス、品薄すぎるんですが…。

 

ようやく見つけたリルラビットを購入。
↓↓↓

しかも、1袋のみ(カラー:ブルーギル)。

スカッパノンやサクラベビーが欲しかったなー

 

しゃいむ
しゃいむ
「リルラビット」も「バルビュータ」や「スパイニークロー」と同様、見つけたら、即買いレベルのワームですわ。

 

リルラビットを早く使ってみたいもんです。

そんな感じ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしゃいむをフォローしよう!