タックル

品薄のスパンクウォーカーがやっと入荷したので購入してみた。

品薄だった「スパンクウォーカー133F」がようやく入荷したらしい。

どーも、ボクです。

いつものように仲間から勧められていたルアー。
ポジドライブガレージから発売されている、「スパンクウォーカー133F」。
タイミングが合わず、なかなか釣具屋さんにも行けず、やっと釣具屋さんに行けたと思ったら品切れだったり。

ようやく店頭にも「スパンクウォーカー133F」の品揃えが豊富になったみたいなので購入してみた。

スパンクウォーカー133FのYouTube動画

スパンクウォーカー133F / スイムアクション映像
↓↓↓

【出典:POZIDRIVE garage】

スパンクウォーカー133Fを購入

仲間から教えてもらうまで、「スパンクウォーカー133F」の存在を知らなかった。
なんとなく、「ウェイキーブー」みたいな感じかなぁと勝手に思い込んでたので、特に必要なルアーでもないかなと。
「ウェイキーブー」と同じようなら、用途がカブるので「スパンクウォーカー133F」の購入を見送っていたってこともあるんだけどね。

購入した「スパンクウォーカー133F」。
↓↓↓
2018122801tackle
(上:チャートボラ、下:シロチョウボラ)

パッケージから出してみる。
↓↓↓
2018122802tackle

スパンクウォーカー133F 06 チャートボラ

アメリカンなオールドルアーって感じで、ちょっと新鮮だったりする。

スパンクウォーカー133Fとウェイキーブーの違い

なるほど。
「スパンクウォーカー133F」のレンジは、0〜15cm。
「ウェイキーブー」とレンジは似たような感じ。

確かに用途はダブりそうだが、「スパンクウォーカー133F」には「ウェイキーブー」とは違った魅力がある。

フック

「スパンクウォーカー133F」は、2フックでサイズは#1を搭載。
大型のフックを搭載してるので、シーバスが掛かった際にバレにくい安心感がある。
ルアーがフックを背負うこともないので、ストレスがない。

アクション

「ウェイキーブー」は、ドコドコドコドコドコって感じで、水を力強く押すイメージ。
「スパンクウォーカー133F」は、ヌルンヌルンって感じで、水に逆らわずに馴染むイメージ。

使い分け

「ウェイキーブー」のドコドコドコドコドコで、遠くにいるシーバスを寄せてくる。
「スパンクウォーカー133F」のヌルンヌルンで、寄ってきたシーバスのスイッチを入れる。
こんな使い分けも面白いかもしれない。

ウェイキーブー(ロンジン)で秋のブーちゃんフィッシュ。最近は仲間内で、ブーちゃんがちょっとしたブームだったりする。 どーも、ボクです。 元々、ブーちゃんを買うつもりもなかったが、...

まとめ

スパンクウォーカー(ポジドライブガレージ)は、公式YouTubeによると、”ウェイクミノー”と称されている。
ウェイキーブー(ロンジン)は、公式ホームページによると、”ウェイクベイト”と称されている。

この違いがよくわからないw

購入するまでは、「ウェイキーブー」と用途がカブると思ってたけど、ルアーを使い分けることでシーバスへの距離が近くなるかも知れない。

これは楽しみなルアーですよ。

河川でのシーバスはいよいよ終盤戦。
「スパンクウォーカー133F」を使った外洋でのハタハタパターンが楽しみですなー

そんな感じ。
( ´ ▽ ` )ノ

ーーーーーーーーーー
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ランキングの応援クリックやSNSでのシェア&フォローをしていただけると喜びます!

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしゃいむをフォローしよう!

ABOUT ME
Shaim(しゃいむ)
Shaim(しゃいむ)
どーも、ボクです。 シーバスやタケノコメバルのルアーフィッシングを中心に、日々の出来事を気の向くまま綴ってます。 ゴミは捨てるよりも、拾った方が気持ちいい。 そんな感じ。