タックル

品薄のスパンクウォーカーがやっと入荷したので購入してみた。

品薄だった、スパンクウォーカー133Fがようやく入荷したらしい。

どーも、ボクです。

いつものように仲間から勧められていたルアー。

ポジドライブガレージから発売されている、スパンクウォーカー133F。

タイミングが合わず、なかなか釣具屋さんにも行けず、やっと釣具屋さんに行けたと思ったら品切れだったり。

ようやく店頭にもスパンクウォーカー133Fの品揃えが豊富になったみたいなので購入してみた。

スパンクウォーカー133FのYouTube動画

出典:POZIDRIVE garage

スパンクウォーカー133Fを購入

仲間から教えてもらうまで、スパンクウォーカー133Fの存在を知らなかった。

なんとなく、ウェイキーブーみたいな感じかなぁと勝手に思い込んでたので、特に必要なルアーでもないかなと。

ウェイキーブーと同じようなら、用途がカブるのでスパンクウォーカー133Fの購入を見送っていたってこともあるんだけどね。

 

購入したスパンクウォーカー133F。
↓↓↓
2018122801tackle
(上:チャートボラ、下:シロチョウボラ)

 

パッケージから出してみる。
↓↓↓
2018122802tackle

アメリカンなオールドルアーって感じで、ちょっと新鮮だったりする。

 

スパンクウォーカー133Fとウェイキーブーの違い

確かに用途はカブりそうだが、スパンクウォーカー133Fにはウェイキーブーとは違った魅力がある。

レンジ

スパンクウォーカー133Fもウェイキーブーもレンジは、0〜15cm。

水面直下で似たような感じ。

フック

スパンクウォーカー133Fは、2フックでサイズは#1を搭載。

  • 大型のフックを搭載してるので、シーバスが掛かった際にバレにくい安心感がある。
  • ルアーがフックを背負うこともないので、ストレスがない。

 

ウェイキーブーは、3フックでサイズは#3を搭載。

  • ルアーサイズの割にフックサイズが小さい(#2は欲しいところ)。
  • ルアーがフックを背負う時があるので多少のストレスを感じる。

アクション

スパンクウォーカー133Fは、ヌルンヌルンって感じで、水に逆らわずに馴染むイメージ。

ウェイキーブーは、ドコドコドコドコドコって感じで、水を力強く押すイメージ。

 

引き抵抗が少ないのは、スパンクウォーカー133F。

使い分け

ウェイキーブーのドコドコドコドコドコで、遠くにいるシーバスを寄せてくる。

スパンクウォーカー133Fのヌルンヌルンで、寄ってきたシーバスのスイッチを入れる。

こんな使い分けも面白いかもしれない。

 

ウェイキーブー(ロンジン)で秋のブーちゃんフィッシュ。最近は仲間内で、ブーちゃんがちょっとしたブームだったりする。 どーも、ボクです。 元々、ブーちゃんを買うつもりもなかったが、...

 

まとめ

ポジドライブガレージの公式YouTubeによると、スパンクウォーカー133Fは”ウェイクミノー”と称されている。

ロンジンの公式ホームページによると、ウェイキーブーは”ウェイクベイト”と称されている。

 

…この違いがよくわからないw

 

購入するまでは、ウェイキーブーと用途がカブると思ってたけど、ルアーを使い分けることでシーバスへの距離が近くなるかも知れない。

 

これは楽しみなルアーですよ!

 

河川でのシーバスはいよいよ終盤戦。

スパンクウォーカー133Fを使った外洋でのハタハタパターンも楽しみですなー

そんな感じ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしゃいむをフォローしよう!