MENU

ウェイキーブー112(ロンジン)でベイトシーバスを快適に。

  • URLをコピーしました!

秋のシーバス、ウェイキーブーには期待してしまいます。

どーも、ボクです。

去年の秋、ウェイキーブー137の活躍は衝撃的だった。

仲間内で盛り上がってたので、半信半疑で購入したウェイキーブー137。

まさかここまで、ウェイキーブー137にハマるとは思ってもみなかった。

秋のシーバスハイシーズンに向けて追加購入も考えてたけど、仲間からの情報によると、どうやらダウンサイジングモデルのウェイキーブー112が発売されるとのこと。

これは、買わずにはいられない。

目次

ウェイキーブー112を購入

先日、たまたま釣具屋さんへ行ってみると、なんとウェイキーブー137のダウンサイジングモデル、ウェイキーブー112が入荷してた!

なんてタイミングだ!

もう買うしかないよね!

購入したウェイキーブー112。

カラーは、金ボラ(写真左)とドチャートマット(写真右)

パッケージもウェイキーブー137と同様、ポップな感じでインパクトがある。

なかなか好感がもてますね。

ウェイキーブー112のサイズ比較

ウェイキーブー137とウェイキーブー112を並べてみる。

ウェイキーブー137(上) ウェイキーブー112(下)
ウェイキーブー137(上) ウェイキーブー112(下)

う〜ん、写真ではサイズ感がわかりにくいかも。汗

長さは、明らかに変わっているのがわかる。

幅は、そんなに変化してるようには感じないかなぁ。

長さは、137mmから112mmへと、25mmのサイズダウン。

重さは、48gから30gへと、18gのダウン。

基本的にベイトタックルでのフィッシングスタイルなので、多少のルアーウエイトなら問題なくキャストは可能。

とはいえ、キャストが快適かどうかは別の話。

48gはどうしてもよっこらせキャストになりがちなので、30gのルアーならストレスなくキャストがしやすい。

40gを超えるルアーのフルキャストは、どうも苦手だったりする。汗

そういう意味では、ウェイキーブー112は、ベイトシーバスを快適にしてくれるのかも知れない。

ウェイキーブー兄弟

秋のシーバスハイシーズン、ウェイキーブー112を追加してランカーシーバスに備えることが出来た。

ウェイキーブー兄弟、参上!

おまえたちの力を見せてくれ!

あとは、釣るだけ!

待ってろよー、ランカーシーバス!

そんな感じ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次