シーバス

ヒラメミノーⅢ(シマノ)で秋のランカーシーバス降臨。

今日は急遽、釣りに行ける事になり、ウキウキしてます。

どーも、ボクです。

一つ目のポイントは少し流れもあり、足元にベイトもちらほら。
雰囲気はあるんで、秋のランカーシーバスさまに逢えるかと思い、キャストを繰り返す。

ボラ

「ぐんっ!」と確かな手応えはあるものの、エラ洗いしないんだもんなぁ~。

キミ、誰?
↓↓↓

ロクマルはあるんじゃない?
良型ボラ。
キミじゃないんだよねぇ~
…(lll-ω-)チーン

時間も限られてるから、ココは見切って移動です。

 

ランカーシーバス

相変わらず、ベイトは表層をパチャパチャしてるんだけど、なぜか表層を引いても食わすことが出来ない。
この前と同じように、アストレイア127Fハイビートで、水面直下を攻めてみるが反応なし。

むむむ。

同じ様な状況でも、同じルアーで釣れるほど、甘くないよね。
(^◇^;)

ベイトが追い掛けられてる雰囲気じゃないし、はぐれたベイトをじっと待ってるシーバスが居るんじゃないかな?
少しレンジを入れて、サイレントアサシン129Fをヨタヨタさせるも反応なし。

むむむむむむ。

アピールが足りないのか?
サイレントアサシン129Fよりも、ドタバタするヒラメミノー125Fのスロー引きなら、どーだ!?

着水後、3巻きしたくらいに、

「ドバドバドバドバァー!」

この重量感は、間違いないっしょ!
( ̄ー ̄)ニヤリ

秋のランカーシーバスさま、降臨。
↓↓↓

狙い通りに捕った、最高の一本。
↓↓↓

80cm 4.5kgのシーバスさま、逢いたかったよ。
↓↓↓

遊んでくれて、ありがとう。
また会う日まで。
↓↓↓

時が過ぎて 今 心から言える♪
あなたに会えて よかったね きっと 私♪

そんな感じ。
♪( ´▽`)

Fishing Memo

2017.9.14
小潮・22℃(25℃)
WORLD SHAULA 17113R-2
12 ANTARES HG
POWER PRO Z 1.5
GT-R ULTRA 20lb
HIRAME MINNOW Ⅲ 125F(サーフクラウン)