シーバス

ヒラメミノーⅢ(シマノ)でベイト下のシーバスを狙う。

気がつけば、もう10月なんですよねー。

どーも、ボクです。

ここ数日、台風の影響で天気が安定しない日々が続いてます。
少しの晴れ間を狙って、ポイントへ向かってはみたものの、なかなか結果に結びつかない。
ようやく天気も回復してきたので、台風一過のシーバスを狙ってみる。

今日こそは…。

河川のオープンエリア

シーバスのナイトゲーム、過ごしやすいこの季節は釣りも快適にでき、自然と釣果にも期待が高まる。
そんな秋のシーバスシーズンが開幕しているというのに、なかなかシーバスが遊んでくれません。
まぁ〜ポイントに行かなきゃ、釣れる魚も釣れないので、あきらめずに行動してみる。

さて、どこに行こうか?

今日の潮回りは、小潮(上げ)。
海は、台風の影響がまだ残っているのか、波の高さは2mを超えている予報。
川は、上げの小潮に期待薄。
もしかしたら、増水による流れでワンチャンあるかもしれないが、様子見がてら、河川のオープンエリアを選択。

 

ベイトに緊張感がない

ポイントに到着し、いつものように短時間釣行の開始。
さて、状況はいかがでしょうか!?

ベイトが水面直下にいることは、目視で確認できる。

うん、ベイトはいる。
しかし、ベイトがいるってことだけ。
ベイトに全く緊張感が感じられない。
つまり、シーバスに追われていない。

肝心のシーバスは!?

ベイトの気配からすると、周りにシーバスはいないような雰囲気。
でも、ベイトがいるってことは、シーバスのスイッチが入ってないだけかも知れない。
とりあえず、ベイトのレンジに合わせて、表層を攻めてみる。

去年、いい魚を釣れて来てくれた、「ウェイキーブー」を投げ倒す。
ベイトボールのその向こうに、「ウェイキーブー」を投げ込み、その圧倒的な存在感でシーバスの捕食スイッチを入れようとするが、まったくの無反応。

ベイトに当たるから、レンジは合ってるんだけどなぁ〜。

少しレンジを入れて、ベイトの下を「ヒラメミノーⅢ」を通してみるが、まったく反応がないまま時間だけが過ぎていく。

 

ヒラメミノーⅢは頼りになる

ベイトがいるのに反応なし。
もしかして?の期待感が高まるんだけど、肝心のシーバスが居ないんじゃ仕方がない。
あるいは、シーバスは居るけど捕食スイッチがOFFなのか?
後ろ髪を引かれる思いで、小移動してみる。

限られた時間での釣りなので、ここがラストポイント。

ここにも、ベイトはいる。
いるんだけどなぁ〜、やはり緊張感がないんだよなぁ〜。
それでも、シーバスの捕食スイッチONを期待して、キャストを繰り返す。

んっ!?
ベイトがざわついてる!?

ざわざわざわざわ…。

おっ!
捕食スイッチONか!?
明らかに、ベイトが追われているのがわかる。
時折、ボイルも確認できる。

この状況で、なに投げる!?

ベイトのレンジに合わせて、「ウェイキーブー」を投げてみる。
ベイトに、コンコンコンコン当たるが、シーバスからの反応はない。
やはりベイトがいる層の下なのか?
レンジを入れ、はぐれたベイトをイメージして、得意の「ヒラメミノーⅢ」を投げ倒す。

数投後、「ゴチン!」ときたよ。
遠目でHITしたから、久しぶりにシーバスの引きが楽しめた!

遊んでくれたのは、元気な銀ピカの綺麗なシーバス。
↓↓↓

期待してたサイズじゃなかったけど、狙って釣った価値あるシーバスです。
いつ以来、シーバスの顔を見てなかったんだろう?www
久しぶりにシーバスの顔が見れてよかった。
遊んでくれて、ありがとう。
そして、ランディングしてくれた仲間にも感謝です。
ありがとうございました!
名残惜しい状況だが、この一本でタイムアップ。

ヒラメミノーⅢは、頼りになるなぁ〜。

秋のシーバスシーズン、さらなる期待が高まります。
待ってろよー、ランカーシーバス!

そんな感じ。
( ´ ▽ ` )ノ

Fishing Memo

2018.10.2
小潮・21℃(20℃)
WORLD SHAULA 1833RS-2
12 ANTARES HG
(夢屋12アンタレス深溝スプール)
POWER PRO Z 2.0
GT-R ULTRA 20lb
HIRAME MINNOW Ⅲ 125F(サーフクラウン)