シーバス

どうすりゃいい!?釣れそうで釣れないシーバスのボイル。

猛暑日が続く今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

どーも、ボクです。

連日の猛暑日にダウン寸前。汗
夕まずめのブラックバスを狙いたいが、なかなか時間が取れない。
その上、18時を過ぎても気温は平気で30℃超えてるんだもんなぁ〜
なかなか水辺に足が向かない。
日が暮れてからなら、少しはマシになることを期待して、久しぶりにシーバスを狙ってみる。

真夏のシーバスナイトゲーム

最近は、ブラックバス狙いだったから、19:00を目処に納竿してた。
この時期の日没は、だいたい19:00。
まだまだ明るいが、後片付けやなんやらかんやらで、気がつけば19:30って感じ。
19:30ともなると、さすがにヘッドライトが必要になる時間帯。

そんな時間帯からのシーバスナイトゲーム。
しばらく使ってなかったヘッドライトも久しぶりの出番。

仲間にアドバイスをもらうため、連絡してみる。

しゃいむ
しゃいむ
最近、暑いから夕涼みも兼ねて浸かってみようかしら?

バスにハマってる仲間
バスにハマってる仲間
浮気するんだ。笑笑

しゃいむ
しゃいむ
いやぁ〜浮気じゃないんやけど。(^◇^;)

 

仲間から最近のシーバス情報を教えてもらい、明暗部へ行ってみたり、オープンエリアに行ってみたりする。

入れそうなポイントを探すも、どこも先行者がエントリー中。
(やはり、シーバスが釣れてるってことなのか!?)

ウェーディングで夕涼みって考えてたが、激戦区にエントリーするのはなかなか至難の技。
ウェーディングは諦めて、うろちょろしてるうちに何とかエントリーできたが、連日連夜、アングラーの入れ替わり立ち替わりで叩かれてるだろうなぁ〜。汗

少しは涼しいかと思ってたけど、日中の暑さを引きずるように、風もなく気温だけが高いナイトゲームは、1時間が限界。
もう汗がナイアガラの滝です。

釣れそうで釣れないシーバスのボイル

暑さで、なかなか集中力が続かない。
暑さに耐えながらも、帰るに帰れなかったりする。

すぐ足元にまで、「ザァァァァーーーー!!」とベイトの群が押し寄せ、明らかにフィッシュイーターに追われているのがわかる。
そして時折、「ボシュ!」「ブシュ!」「パーン!」てな感じで、捕食音が聞こえる。
間違いなく、シーバスの捕食音。
それも足元でデカい捕食音がするもんだから、なかなか帰れない。
てか、捕食音の大きさに、ビビる。笑

アストレイアシャローに引っかかってしまった。
↓↓↓

ベイトは、イナッコ。

目の前で、シーバスのボイル祭りが起こってるのに、なかなか喰わせられない。
釣れそうで釣れないシーバスのボイル。
どうすりゃいい!?

  • ルアーをベイトサイズに合わせてもダメ。
  • ルアーを大きくしてもダメ。
  • ルアーを目立つカラーにしてもダメ。
  • ルアーをベイトの群に通してもダメ。
  • ルアーのレンジを表層、水面直下にしてもダメ。
  • ルアーのスピードを変えてもダメ。
  • ルアーにアクションを加えてもダメ。

 

もう打つ手がなくなった時、やっとこさ遊びにきてくれたよ。
↓↓↓

ゴリアテHiで尺シーバス。苦笑
(^_^;)

遊んでくれて、ありがとう。

ボイルはまだまだ続くよどこまでも。
チャンスタイムなのかも知れないが、チャンスを生かしきれず、もはや集中力も体力も持ちましぇん。

シーバスのボイル攻略ならず・・・無念。
_| ̄|○

アピアTVのタッグバトル

一時期、アピアTVのタッグバトルシリーズにハマってて、YouTube動画のリピート再生を楽しんでいた。

タッグバトルとは・・・
APIA8人の侍がタッグを組んでの”シーバスエンターテイメント”バトル企画!
プロスタッフ4人衆が、それぞれパートナーとなった若手テスターのホームグラウンドへ来襲。制限48時間の中、各チームの作戦やいかに!?
【出典:APIA TV】

中でも、松尾道洋さんと北添貴行さんのタッグバトル(アピアTV)がお気に入りだったりする。
経験や実績に裏付けられた二人の実力は言うまでもないんだけど、見せ場が随所にあるので見てて飽きない。
このタイミングで!?笑
パンチラインで釣るかぁー!?笑笑

ATV.9【 TAG BATTLE vol.3 】松尾道洋 & 北添貴行 ~高知編 シーバス
↓↓↓

【出典:APIA TV】

松尾道洋さんと北添貴行さんの会話が以前から気になってた(19:45辺り)。

【出典:APIA TV】

この頃は、「ボイル」と「ライズ」の違いが全くもってわからなかった。汗
今でも、明確に説明できるかといえば、怪しいもんなんだけど。笑

ボイルとライズの違い

「ボイル」と「ライズ」の違いについて、色々と調べて見たけど、明確な違いはないみたい。
個人的には、シーバスの捕食音がしたら「ボイル」でいいような気がする。
その方がわかりやすいし、シーバスフィッシングをしてる人にも伝わりやすいもんね。

ボイル

フィッシュイーターに追われたベイトが、水面に割って出ること。
ベイトがフィッシュイーターから逃げ惑う様が、まるでボイル(沸騰)してる様子。
またはフィッシュイーターの捕食音。

ライズ

ベイトを捕食するために、フィッシュイーターが水面に割って出ること。
捕食行動によりフィッシュイーターが水面い姿を現す。

信頼のヒラメミノー

連日の猛暑もなんのその!
釣りたいという気持ちだけで、今日もシーバスナイトゲーム。
とはいえ、やはり1時間が限界であることには変わりない。

短期決戦で選んだポイントは、今シーズン初エントリー。
去年はいい思いが出来たので、今回も期待を込めてみる。

思ってたほど、ベイトは居なくて静まり返っているが、時々聞こえるボイル音。
シーバスは居るようだ。
ボイル攻略できるかな?

ボイルしてる場所まで、ちょっと距離が必要なので、飛距離が稼げるシンペンでキャストを繰り返す。
ヨイチ99、ブルスコ110、トライデント115S、いずれも反応なし。
( ̄◇ ̄;)

うーん。
アピールが足りないのか!?
この場所は、なぜかミノーに反応がいい事を思い出す。
ヒラメを狙ってるわけじゃないけど、シーバスにも抜群に反応がいいヒラメミノー。
信頼のヒラメミノーでキャストを繰り返していると、「コン!」と反応が。

遊んでくれたのは、またも尺シーバス。
↓↓↓

ヒラメミノー125Fに、アタックしてくるなんて、活性は良いみたい。
遊んでくれて、ありがとう。

信頼のヒラメミノー、サイズはともかくシーバスを連れて来てくれた。
ボイル攻略が出来たとは考えにくいんだけどね。汗
次回に持ち越しです。

意地のヨイチ99ライト

仲間になかなかサイズが出ない事を話すと、数は出ないが釣果が期待できるポイントを教えてくれた。

よし、今日こそはとポイントに向かう。
ベイトも居るし、ボイルも時々してるし、ワンチャンあるかも!?
ボイル攻略できるかな!?

ドリフト気味にブルスコ110を流れになじませ、ボイルがあった方向へ流し混んでみるが反応なし。
カラーチェンジしても反応がない。
そうこうしてるうちに、あれよあれよと流れが今にも止まりそう。汗

ここは、ヨイチ99ライトの出番だな!

先日、仲間と一緒に釣りをしてた時、あろうことがヨイチ99ライトを立て続けに3つロストしてしまった。
自然界に不要なものを増やし申し訳ない。
お気に入りのヨイチ99ライトをロストした事もあり、ヨイチ99ライトで結果を出したい思いがあった。

ヨイチ99ライトは、スローリトリーブなら流れに乗せドリフトが可能。
リトリーブ速度をあげると、S字の動きをしてくれる。
水を受ける部分がちょっとした、カップ形状をしているので水面にも飛び出しにくく、ミノーに似たようなアクションもしてくれる。

手持ちのミノーじゃ、レンジが入りすぎて根掛かる可能性が高いから、ヨイチ99ライトに期待してみる。

まだまだ暑いナイトゲーム。
1時間が限界なので、これでダメなら、諦めますよ。

数投後、ようやくシーバスから反応があった。
↓↓↓

少し痩せ気味だけど、久しぶりにメジャーシートの上に乗せてみる。笑
遊んでくれて、ありがとう。

仲間からのコメント。

仲間
仲間
いい魚じゃないですか!これは記憶に残る1本すよ!
意地のヨイチ!
仲間
仲間
やったっすね!

 

ここ最近、苦戦してる事を知ってるだけに、仲間からのコメントはありがたい。

ありがとう。

釣れそうで釣れないシーバスのボイルを攻略するには、まだまだ課題があり、少し時間が必要ですね。

アドバイスと励ましてくれた仲間に感謝です。
そして、水分補給は忘れずに。

そんな感じ。
( ´ ▽ ` )ノ

Fishing Memo

2018.7.31、8.2
中潮・30℃(32℃)
WORLD SHAULA 1833RS-2
16 ANTARES DC HG
POWER PRO Z 2.0
GT-R ULTRA 14lb
HIRAME MINNOW Ⅲ 125F(サーフクラウン)
YOICHI 99 LIGHT(四季彩)

ーーーーーーーーーー
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ランキングの応援クリックやSNSでのシェア&フォローをしていただけると喜びます!

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしゃいむをフォローしよう!

ABOUT ME
Shaim(しゃいむ)
Shaim(しゃいむ)
どーも、ボクです。 シーバスやタケノコメバルのルアーフィッシングを中心に、日々の出来事を気の向くまま綴ってます。 ゴミは捨てるよりも、拾った方が気持ちいい。 そんな感じ。