ブラックバス

アフターから回復したブラックバスをスピナーベイトで狙う。

連日の雨の影響で、状況は好転するかな!?

どーも、ボクです。

ようやく雨が上がり、天気も徐々に回復してきましたね。
バスにしようか?シーバスにしようか?
悩みどころなんだけど、アフタースポーン後に回復した、ブラックバスをスピナーベイト縛りで狙ってみる。

風が吹いたらスピナーベイト

またまた、夕まずめの1時間勝負。
天気を確認してみると、雨の心配はなさそうやけど、風が思ったより強く吹いている。

んっ!?風が吹いている!?

風が吹いたらスピナーベイト

村田基さんの有名な言葉ですね!

そんなわけで、夕まずめの1時間。
スピナーベイトでテンポよく、広範囲を探ってみる。

風が吹いたらスピナーベイト、ナマズにも当てはまる!?今日は、暑かった。 どーも、ボクです。 夕まずめでも、28℃あるんだもんなぁ〜。 いつもは、短時間のシーバスナイトゲー...

DOOON(ドーン)は魅力たっぷり

スピナーベイトといえば、「DOOON(ドーン)」。
「DOOON(ドーン)」といえば、スピナーベイト。
ご存知、ジャッカルの秦拓馬さんがプロデュースした、爆釣スピナーベイト「DOOON(ドーン)」。

一般的なスピナーベイトに比べ、浮き上がりにくく、アピールはかなり控えめ。
浮き上がりにくいということは、ボトム付近も綺麗にトレースできちゃう。
根掛りしにくいスピナーベイトなので、ストラクチャーをよりタイトにトレースすることも可能。
レンジの幅が広がり、より多くのバイトチャンスが増えるってことやね。
そして控えめなアピールが、スレたブラックバスの口を使わせる。

『DOOON(ドーン)』には、魅力がたっぷり詰まってます。

 

DOOON(ドーン)のYouTube動画

大漁生活 Vol.124
↓↓↓

【出典:JACKALLweb】

DOOON(ドーン)と出るか!?

オープンエリアから広範囲を探ってみるも、反応がないので移動しながらキャストを繰り返す。

ちょっとしたブレイクポイントを少し斜めに引いてくると、子バスがじゃれついてくる。
ブレイクポイントに差し掛かると反応がある。
今、投げてるスピナーベイトは、DOOON(ドーン)のチャートバックホワイトなので、アピールが強すぎるのかなぁ!?
アピールを控えめにするため、カラーをDOOON(ドーン)のライトブランデに変更。

カラーチェンジをした、2投目。
ゆっくりゆっくりリトリーブし、ブレイクポイントに差し掛かった瞬間。

DOOON(ドーン)と出たよ!!
↓↓↓

ようやく、本命のブラックバスをDOOON(ドーン)で釣ったよ。
↓↓↓

DOOON(ドーン)って、言えてよかった!
どんだけ、DOOON(ドーン)って、言いたかったことか。
狙って釣ったブラックバスは、また格別です。
ちょっと震えたもん。笑

遊んでくれて、ありがとう。
50cmを超えたら、また会おうぜ!
↓↓↓

今日はタイムアップ。
おかげさまで、満足の釣行が出来たことに感謝。

次は単発じゃなく、DOOON(ドーン)、DOOON(ドーン)、DOOON(ドーン)と連発を目指します!

そんな感じ。
( ´ ▽ ` )ノ

Fishing Memo

2018.6.13
大潮・20℃(24℃)
WORLD SHAULA 1651F-2
12 ANTARES HG
POWER PRO Z 2.0
GT-R ULTRA 14lb
DOOON 3/8oz(ライトブランデ)有頂天カラー